気分の波がやってくる|双極性障害との付き合い方とは

笑顔

環境の変化で症状が変わる

医者と看護師

感情のアップダウンが激しい双極性障害は、感情が過度に振りきってしまい予想外の行動に走ってしまう危険性もあります。そのため、正常な状態に戻すため医療機関にかかる必要があるのです。

» もっと知ろう

心の病気は必ず治る

女性

双極性障害の回復には早期発見が大切ですが、うつ病と間違われやすい側面があります。薬を飲んでいても中々症状が良くならない時には、セカンドオピニオンをとるなどしましょう。また、治療の基本は薬物療法で、良い薬が開発されています。しかし、考え方を変える認知療法も薬物療法を支えるものとして人気があります。

» もっと知ろう

鬱と躁状態を繰り返す病気

女性

躁状態と鬱状態の主な症状

双極性障害とは鬱状態と躁状態を繰り返す精神疾患です。鬱状態だけの場合は鬱病と分類されます。双極性障害は躁状態のレベルによって、二種類に分かれます。気分の高揚が目立ち、明らかに普段より元気であるも、特に周囲に迷惑をかける程ではない程度を軽躁状態と言います。その高揚感が常軌を逸しており、周囲の人間に多大な影響を及ぼす為、入院が必要とされるほどの激しい状態を躁状態と言います。この激しい躁状態と鬱状態を繰り返す双極性障害を双極1型障害と呼びます。そして軽躁状態と鬱状態の繰り返しは双極2型障害と呼ばれています。双極性障害は放置していると、鬱状態と躁状態の程度が悪化を辿り、人間関係の崩壊・社会的信用の喪失を招くと言われています。精神疾患の中では比較的治療法が確立されており、薬物療法で症状のコントロールが可能な疾患とされています。症状が見られた場合には早期に心療内科などの専門医への相談が重要です。躁状態の症状の例として、寝ることもなく1日中動き周る、または周囲の人間にひたすら喋り続けるなどが挙げられます。また衝動的に高額な買い物をし、借金を作る、自分は特別な人間であると妄想が出る場合もあります。次に鬱状態の症状は、抑うつ気分と興味の喪失の2つに分けらます。イライラする・なんとも言えないモヤモヤした気分が何日も続く・さらには頭痛を来たす状態を抑うつ気分と言います。そして何に対しても興味を持てない・楽しい嬉しいと言った気分が芽生えない状態が、興味の喪失です。

鬱状態と躁状態の治療法

双極性障害は躁状態より鬱状態の期間の方が圧倒的に長いことが多いのが特徴です。双極性障害の原因ですが、未だに明確にはされていないのが現状です。ただ精神疾患に分類されるので、精神科や心療内科への受診がいいと言われています。様々な要因が関係していると言われているので、まずはストレスなどを取り除くためにも、医療機関への相談が必要になります。そして双極性障害は、どんな性格の人でも発症する可能性のある病気です。双極性障害の治療として一般的なのは気分安定薬の使用です。気分安定薬の種類として、リチウム・バルプロ酸・カルバマゼピンが現在症状の改善に有効とされています。特にリチウムは躁状態・鬱状態どちらの症状の改善にも有効であり、鬱状態から誘発される自殺願望を予防する効果もあります。効果が大きい分、リチウムは副作用が強い薬としても有名で、使用には充分な注意が必要とされています。そして双極性障害の治療として、最も効果的とされているのが規則正しい生活リズムとされています。なるべく1日を一定のスケジュールで送るよう心がけ、夜はしっかり睡眠をとることが大切です。時間がある時や休日は、ジョギング・ウォーキングなどの軽めの運度を日課にすることで、双極性障害の症状を安定させることが可能となります。もしなってしまったら薬とも上手に向き合いながら、まだなっていないのであれば、予防のために自分なりに生活習慣を正していくことが大事です。

気分の波が激しいなら

案内

双極性障害は昔で言う躁うつ病のことを言います。現在では様々な精神障害や発達障害の遺伝子が原因となって発症する、遺伝性の高い精神障害であることも判明しています。また、アルコールや薬物依存を引き起こしやすいので注意が必要です。

» もっと知ろう

Copyright© 2015 気分の波がやってくる|双極性障害との付き合い方とはAll Rights Reserved.