気分の波がやってくる|双極性障害との付き合い方とは

笑顔

気分の波が激しいなら

案内

躁うつとして有名

双極性障害とは、一般的には躁うつとして認知されています。この障害に関しては、気分の波が激しく、落ち込む時は完全にうつ病の状態になってしまう抑うつ状態とのですが、一定の時間が経つと気分が高まり、アクティブになったりするなどといった躁の状態を繰り返す精神障害です。躁うつ病というのは、この双極性障害の古い名称のことであり、現在はそれだけでなく双極性感情障害などとも言われています。この双極性障害は、20代から30代の社会人に多い病気であり、躁の状態であることを双極性障害が治ったと思ってしまうことも少なくはなく、それが原因によって、悪化・再発を引き起こしてしまうことも少なくはありません。そのために、気分が落ち込んでいる時に、薬やお酒などに依存してしまうことも少なくは無く、それによって薬物依存やアルコール依存を引き起こすこともあります。特にうつ病をはじめとする精神障害の際に処方される薬に関しては依存性の高いものが多く、実際よりも多くの量を摂取してしまうこともあるので、可能である限り周囲の人が薬を管理するなどして対策をしましょう。この双極性障害に関しては遺伝性がとても強いとされており、特に親といった親類に双極性障害をはじめとする精神障害の患者がいる場合に関しては注意をする必要性があると言えます。遺伝子に関しては関連遺伝子が他の発達障害や精神障害と比べてとても多く、精神障害の中でもなりやすい精神障害であるとも言えます。また、研究の結果、現段階で、双子に多い精神障害であることも判明しています。

治療は

双極性障害の治療に関しては、精神状態を安定させるために生活リズムや食生活を整えたり、カウンセリングなどを行って、精神的に強くなれるようにするなどといった行動療法や薬物療法が挙げられます。やはり、双極性障害をはじめとする精神障害に関しては社会生活におけるストレスであることが大半であり、そのストレスは社会生活を送る上では誰もが感じる当たり前のものであり、そのストレスに対する耐性を付けることが大切です。そのためにこのような行動療法がおこなわれます。ですが、症状のひどいものであると、そのような行動療法は症状を悪化させてしまうということもあり、そのような場合は仕事を休職・退職してしっかり休養を取り、規則正しい生活を大切に医師と相談して治療を行うことが大切です。また、躁状態であると、テンションが高くなってしまうために、性格のコントロールが自分で出来ずに周囲の人から嫌われてしまうこともあります。そのような状態ではありますが、周りは患者が精神障害を持っていることを理解し、そのような症状もあるということを知ったうえで接する必要があると言えます。特に気分の波が激しいと面倒な人と思われてしまうことも多いので、相手を理解してあげることが大切です。双極性障害は大人の精神障害でありますが、ごくまれに子どもでも発症することがあります。これに関しては、現段階では基準がはっきりしていないことも多く、そのために曖昧で理解してあげることが難しいので、精神的に特に親や教師が支えてあげる必要があります。

Copyright© 2015 気分の波がやってくる|双極性障害との付き合い方とはAll Rights Reserved.