気分の波がやってくる|双極性障害との付き合い方とは

笑顔

心の病気は必ず治る

女性

早期発見をするためには

双極性障害とは以前に躁うつ病と呼ばれていたもので、気分が落ち込んでしまううつ状態と心が大きくなって行動が常軌を外れてしまう躁状態とが交互に現れる病気です。通常うつ状態から病気が始まり、次に躁状態へと続き、周期的に入れ替わります。うつ病よりも治りにくく、自殺率や再発率が高いことが特徴で、早期発見による治療がその後の回復のカギを握っています。双極性障害で最も注意したい点は、うつ病と誤診される場合がある、ということです。双極性障害の治療では早期発見して適切な治療を受けることがその後の回復においては最も重要になるのですが、双極性障害と診断を下すのが、中々に難しいという現実があります。間違ってうつ病と診断されてしまうことが多々あるのです。うつ病と双極性障害とは服用する薬の種類にも違いがありますし、治療法も異なっています。うつ病と診断された場合、薬を飲んでも中々治らないばかりか、逆に症状が悪化してしまうことすらあります。ですから、うつ病の薬を飲んでいるのに、中々症状が良くならない、逆に症状がひどくなってしまった、このようなことがありましたら、医師にその旨を話して、薬を変えてもらってください。また、必要があれば転院したり、セカンドオピニオンを求めるのもいいでしょう。心の病気は、専門家でも中々明確に判別がつきにくい側面があります。もちろん医師を信頼することは大切ですが、時には医師の言葉をうのみにせず、自分の症状や状態を再確認してみることも必要ではないでしょうか。やはり、あなたの身体を最もよく理解しているのは、他ならないあなた自身なのですから。

治療は投薬だけじゃない

双極性障害の治療の基本は薬物療法です。今は副作用の少ない治療薬が開発され、これまで薬が合わなかった人でも服薬できるようになってきました。しかし、やはり心の病気はただ薬を飲んでいるだけで全て解決、というほど単純なものでもありません。また、その服薬がストレスになって、中々治療が進まないという人も中にはいます。そんな時に頼りになるのが、認知療法なのです。認知療法は今薬物療法と並ぶ治療法として、注目を集めているのです。認知とは、簡単に言ってしまうと考え方、捉え方です。例えば、休暇を取って会社を休んだら、Aさんから「ゆっくりできたかい」と聞かれました。これを、「ああ、嫌味を言われた」と捉えるのか、「優しい言葉をかけてもらった」と捉えるのかで、心の持ちようが変わってきます。認知療法とは、双極性障害の方の考え方の悪い癖を修正して、症状を軽減するよう方向づけるのです。特に双極性障害の方は再発率が高く、治りにくいので、長期に薬物療法を行う必要があります。ところが、長期間服薬することを嫌って勝手に薬を止めてしまったり、量を自分で減らしてしまったりする人が後を絶ちません。そうすると、治療が進まず、いつまでたっても回復しないのです。そこで、服薬に対する考え方を変えて、積極的に薬物療法と取り組んでもらうようにする必要があります。そのためにも、認知療法は威力を発揮してくれるのです。また、認知療法は薬物療法と違って薬を使いませんから、副作用もありません。双極性障害の方本人にとっても嬉しい治療法なのです。双極性障害は確かに治りにくい病気です。しかし、治らない病気、ではありません。そして、治らなくとも上手く付き合っていくこともまた、回復への道です。道は一つではないのです。焦らずに歩いて行きましょう。

Copyright© 2015 気分の波がやってくる|双極性障害との付き合い方とはAll Rights Reserved.